2020-11-11 08:00地域

承久の乱絵巻、80年ぶり発見 京都文化博物館

 後鳥羽上皇が鎌倉幕府の北条義時の追討を命じ敗れた「承久の乱」を描いた「承久記絵巻」が約80年ぶりに発見された。和歌山県高野山の龍光院が所蔵し、1939年に博物館で展示されてから所在が分からなくなっていた。
 承久記絵巻は全6巻で、各巻の長さは約15メートル、縦は約50センチ。義時と御家人の協議や宇治川合戦など36場面が詞書きとともに描かれている。
 今年1月、個人で所有していると聞いた京都文化博物館(京都市中京区)の学芸員が、木箱に絵巻が入れられているのを発見した。紙の質や装飾などから江戸時代初期のものとみられるという。
 承久の乱の経緯に関する絵巻は他に残っていない。同館は来年4~5月、特別展で全巻を公開する予定。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画