2020-11-10 08:00地域

アドベンチャーワールドと「パンダ協定」 大阪府岸和田市

 大阪府岸和田市はこのほど、ジャイアントパンダの飼育で知られる和歌山県白浜町の動物園「アドベンチャーワールド」と、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の推進に向けた連携協定を締結した。通称は「パンダ協定」。
 市はこれまで、市内の竹林の竹をパンダの飼料として供給してきた。竹林の荒廃防止につながっていたが、食用ではない幹の部分が有効活用されないとの課題もあった。今後、産官学連携で新たな工芸品の作成や丘陵地のまちづくりにも一体で取り組み、循環型社会の形成を目指す。
 協定締結式には、本物のパンダそっくりの着ぐるみも登場。永野耕平市長が「持続可能な社会づくりに貢献する形で地域の笑顔を一緒につくりたい」とラブコールすれば、中尾建子副園長も「日本にある竹の課題を一緒に解決したい」と応じた。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画