2020-11-02 08:00地域

芸術祭の作品、代替イベントで公開 さいたま市

 さいたま市は、中止となった「さいたま国際芸術祭2020」に出展予定だった作品を公開している。当初は3月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で断念。一部の完成作品を代替イベントの形で、市内の会場とウェブサイト上で展示することにした。
 旧大宮区役所では、絵画や写真に加え、映像や砂などを用いたインスタレーション(空間芸術)を多数展示。旧大宮図書館や繁華街の路地裏など市内各地でも、32組の芸術家が手掛けた多彩な作品が見られる。
 芸術家の平川恒太さんは、彫刻などを置いた密室の中を白い霧で満たし、見えにくくするという作品を出展。「コロナで先が見えない今の状況と重ねて見てほしい」と話した。
 イベントは11月15日までで鑑賞は無料。混雑を防ぐため事前の入場予約が必要だ。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画