2020-10-18 18:20TOPICS

稲森、2年ぶり2度目V=2位谷原、石川は3位―日本オープンゴルフ

優勝カップを手に笑顔の稲森佑貴=18日、千葉・紫CCすみれ(代表撮影)
優勝カップを手に笑顔の稲森佑貴=18日、千葉・紫CCすみれ(代表撮影)

 【男子ゴルフ・日本オープン選手権】最終日(18日、千葉・紫CCすみれ、7317ヤード=パー70、賞金総額1億5750万円、優勝3150万円)
 2位から出た稲森佑貴が69で回り、通算5アンダーで2年ぶり2度目の優勝を果たした。ツアー通算も2勝目。稲森は2022年から5年間のシードを獲得した。
 1打差の2位は谷原秀人。さらに1打差の3位にこの日ベストの65をマークした石川遼、内藤寛太郎が入った。
 河本力(日体大)と杉原大河(東北福祉大)が通算2アンダーの5位でローアマチュアを獲得。プロ初戦の金谷拓実は7位、今平周吾は10位だった。
 河本は第3ラウンド(17日)の13番のグリーン上で、ボールを正しい位置に戻してプレーしなかったとして、スタート前に2罰打が科された。 

最新ニュース

写真特集

最新動画