2020-09-25 08:00地域

琵琶湖岸にポケモンマンホール 大津市

 大津市は、アニメ「ポケットモンスター」のキャラクター「ギャラドス」を描いた下水道マンホールのふた2枚を琵琶湖岸にある大津湖岸なぎさ公園に設置した。近畿地方では初めて。
 ポケモン(東京都)がふたを製作し、自治体に寄贈している。2018年の鹿児島県指宿市が最初で、大津市は通算104、105枚目となる。
 ふたは直径約62センチ、重さ約40キロ。設置場所は、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」でさまざまな道具を獲得できる「ポケストップ」になる。
 佐藤健司市長は「琵琶湖岸のにぎわいづくりの創出に寄与すると期待している。下水道の重要性を再認識する取り組みも推進したい」と話している。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画