2020-09-23 14:31ニュースワード

モーリシャス沖重油流出事故

 モーリシャス沖重油流出事故 長鋪汽船(岡山)が所有し、商船三井(東京)が運航を手配した大型貨物船「WAKASHIO」が現地時間7月25日、インド洋の島国モーリシャスの沖合で座礁。同8月6日、約1000トンの重油流出が確認された。ほとんどの油は回収されたが、一部は沿岸のマングローブ林に漂着し、今も除去作業が続いている。日本政府は海上保安庁などの国際緊急援助隊に加え、環境分野の専門家らも派遣。マングローブ林やサンゴ礁など生態系への影響把握に努めている。

最新ニュース

写真特集

最新動画