2020-09-23 10:15社会

台風12号、関東沖通過へ=東海や東北も大雨暴風警戒―気象庁

 台風12号は23日午前、八丈島の南西海上を北上した。気象庁によると、24日に関東の南東沖を通過し、25日朝に福島県東方沖に達するまでに温帯低気圧に変わると予想される。
 台風の北側には前線が延びており、東海や関東、東北地方の太平洋側では雨が降る所があった。台風の接近につれて風雨が強まるとみられ、気象庁は25日にかけて大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要。
 24日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と伊豆諸島200ミリ、関東甲信150ミリ、東北80ミリ。その後、25日午前6時までの同雨量は、関東甲信200~300ミリ、東北と伊豆諸島100~200ミリ、東海50~100ミリ。
 24日にかけて予想される最大瞬間風速は関東と伊豆諸島35メートル、近畿と東海、東北30メートル。波の高さは関東と伊豆諸島、東北6メートル、近畿と東海5メートル。
 12号は23日午前9時、八丈島の南西約280キロの海上を時速20キロで北北東へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートル。半径85キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側390キロ以内と西側185キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画