2020-09-18 18:53経済

9月短観、景況感改善へ=回復緩やか、設備投資減も―民間予測

 日銀が10月1日に公表する9月の全国企業短期経済観測調査(短観)について、民間15社の事前予想が18日までにまとまった。景況感を示す業況判断指数(DI)の予想平均は、大企業製造業でマイナス24と、新型コロナウイルス感染拡大の影響で11年ぶりの低水準に落ち込んだ前回6月調査から10ポイントの改善を見込む。最悪期は脱した可能性が高いが、設備投資の下振れなど回復ペースは緩やかで、コロナ禍前の水準にはほど遠い。
 業況判断DIは、業況が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」の割合を差し引いて算出。大企業非製造業の予想平均はマイナス9と前回調査から8ポイントの改善を見込む。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画