2020-09-18 11:28TOPICS

ジャパンライフ元会長ら逮捕=詐欺容疑、被害2100億円か―磁気治療器の預託商法

詐欺容疑で逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者(中央)=18日午前、東京都文京区
詐欺容疑で逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者(中央)=18日午前、東京都文京区

 磁気治療器などの預託商法を展開し、破産した「ジャパンライフ」(東京)が債務超過を隠して顧客と契約した事件で、配当の見込みがないのに勧誘し契約金をだまし取ったとして、警視庁や愛知、福島両県警など6都県警の合同捜査本部は18日、詐欺容疑で、元同社会長の山口隆祥容疑者(78)=東京都文京区千駄木=ら14人を逮捕した。捜査本部は認否を明らかにしていない。
 捜査本部によると、被害者は44都道府県の延べ1万人弱で、被害総額は約2100億円に上るとみられる。預託商法をめぐる詐欺事件の被害額としては過去最大級という。
 他に逮捕されたのは、山口容疑者の次女で元同社社長の山口ひろみ(48)=群馬県太田市新田上田中町=、元取締役の安田真二(62)=相模原市中央区矢部=両容疑者ら。
 逮捕容疑は2017年8月4日~11月7日、資金繰りが苦しく配当金の支払いや元本返済ができる見込みがなかったのにそれを隠し、福島、新潟、静岡、愛知など8都県に住む50~80代の男女12人から契約金として計約8000万円をだまし取った疑い。
 同社は、磁気ネックレスなどを顧客に数百万円で購入させ、別の顧客に貸し出して購入者に年6%のレンタル料を支払うオーナー商法を展開。高齢者を中心に人気を得て、37都道府県に約80店舗を構えたが、信用調査会社の東京商工リサーチによると、17年12月に事実上倒産した。 

最新ニュース

写真特集

最新動画