2020-09-16 16:15社会

乾燥空気の流入、予測不十分=台風10号の予報検証―気象庁

 6~7日に九州に接近した台風10号について、気象庁は16日、予報内容の検証結果を発表した。乾燥した空気が流入する影響を十分織り込めなかったことなどから、実際より強い勢力で接近すると予報したと分析した。
 5日時点では、10号は中心気圧920ヘクトパスカルで九州に接近すると予想され、気象庁は特別警報発表の可能性に言及した。6日の予報では、中心気圧の予想が935ヘクトパスカルに弱まった。
 検証の結果、10号の北西から乾燥した空気が流れ込み、勢力を弱めたが、予報では十分反映されなかった。台風9号の通過で海がかき混ぜられ、海面水温が下がったものの、影響は小さいと推定された。
 また、10号が蛇行した偏西風によって速度を上げて北上したことなどから、九州付近の積算雨量や高潮は予報よりも小さくなった。
 気象庁の関田康雄長官は16日の定例記者会見で、「特別警報級」といった表現などに課題もあったとして「さらなる改善点はないか検証したい」と話した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画