2020-08-18 08:00地域

日本一の岐阜バンジーがオープン 岐阜県八百津町

 岐阜県八百津町の国道418号に架かる新旅足(しんたびそこ)橋に、バンジージャンプ施設「岐阜バンジー」がオープンした。橋の下を流れる旅足川までの高さは215メートルで日本一を誇る。2日のオープニングセレモニーでは、同町のイメージキャラクター「やおっち」が約7秒間のジャンプを披露した。
 全国でバンジージャンプ施設を運営する「バンジージャパン」が新旅足橋の高さを生かした運営計画を2016年に作成。町が岐阜県への許可申請を行い、オープンに向けた準備を進めてきた。
 同町は、第2次大戦中に「命のビザ」で多くのユダヤ人を救った外交官、杉原千畝の出身地として知られる。セレモニーには、金子政則町長や古田肇知事らが出席。金子町長は「来町者に町の魅力を満喫していただきたい。地域振興に一層力を注いでいく」とあいさつした。
 岐阜バンジーは要予約で、火、水曜日が定休日。15歳以上で、体重40~105キロの範囲内であれば利用できる。料金は新型コロナウイルスの影響で2万円に割引している。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画