2020-08-17 08:00地域

平和祈念館がオープン 埼玉県桶川市

 埼玉県桶川市で、旧日本陸軍の飛行学校分教場の建物などを復元、整備した「桶川飛行学校平和祈念館」がオープンした。同飛行学校は1937年に熊谷陸軍飛行学校の分教場として開校し、終戦まで多くの航空兵を育成。終戦後は市営住宅として使われてきた。約8400平方メートルの敷地に、兵舎棟など5棟を市が再整備し、無料で公開を始めた。
 兵舎棟は当時の宿舎で、当時使われていた教科書や飯ごう、水筒、通信機器など31点が展示されている。弾薬庫と守衛棟、車庫棟、便所棟も復元され、建物内には当時の様子の分かる写真や解説のパネルなども並べている。
 桶川飛行学校は第2次大戦の終戦まで、約1600人を航空兵として送り出したという。中には、家族に宛てた手紙の複製もある。小野克典市長は「ありのままを見て平和の大切さを感じてもらえたら」と話している。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画