2020-08-05 22:45経済

企業経営、一段の悪化懸念=コロナ禍で黒田日銀総裁

 日銀の黒田東彦総裁は5日、新型コロナウイルス感染拡大の影響について、企業経営が一段と厳しくなり、銀行の財務悪化を招く悪循環に陥ることへの懸念を表明した。米コロンビア大学などのウェブイベントで講演し、「問題が(当面の企業の資金繰りという)流動性から支払い能力にシフトし、実体経済への下押し圧力が強まることがないか注意を要する」と述べた。
 コロナ禍に関し、黒田総裁は「公衆衛生上の厳しい措置の再導入という事態が到来すれば、経済活動が再び大きく抑制される可能性がある」と指摘。企業や家計が先行きの経済成長に悲観的になり、支出に慎重にならないか注視する考えを示した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画