2020-08-05 08:00地域

江戸期のやぐら門が金沢城公園に 金沢市

 金沢市の金沢城公園に、江戸~明治時代まで存在していたやぐら門「鼠多門」が完成した。門につながる橋も併せて復元された。2018年6月に着工し、約2年の工事期間を経てお披露目となった。
 門は石垣の上に2階建てのやぐらを備え、外壁がねずみ色、屋根上部には白いしっくいが使われていることが特徴。江戸時代前期にはこうした姿が絵図に描かれた。その後、明治時代に火災で焼失。今回、県が進める金沢城公園の整備事業の一環として復元された。
 門は金沢城の西側に位置し、門を通って兼六園や金沢城公園と、市内中心部の間を行き来ができるようになる。新たな観光ルートの通過点として注目を集めそうだ。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画