2020-08-01 23:03社会

台風4号、先島諸島接近へ=中国海南島沖では3号発生―気象庁

 気象庁は1日、沖縄・先島諸島の南海上にある熱帯低気圧が午後9時に台風4号に変わったと発表した。2日夜から3日未明にかけて先島諸島に接近する見込み。同庁は暴風や高波に警戒し、大雨に十分注意するよう呼び掛けている。
 一方、中国海南島沖のトンキン湾では1日午後3時に大型の台風3号が発生し、その後超大型となった。2日夜にはベトナム北部に上陸する見込み。台風の発生は6月12日の2号から途絶え、7月は1951年の統計開始以来、初めて発生ゼロだったが、8月に入って相次いで発生した。
 4号は1日午後9時、先島諸島の南海上を時速20キロで北西へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。北東側220キロ以内と南西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 2日に先島諸島で予想される最大瞬間風速は25メートル。波の高さは先島諸島4メートル、沖縄本島3メートル。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画