2020-07-11 05:46国際

マスク着用で成長加速=コロナ感染急増を懸念―米連銀総裁

 【ワシントン時事】米ダラス連邦準備銀行のカプラン総裁は10日、テキサスなど南部や西部の各州での新型コロナウイルスの感染急増が経済に及ぼす悪影響に懸念を示した。「すべての人がマスクを着用すれば感染拡大が大幅に抑えられ、成長が加速する」と語り、景気の早期回復には個人の感染抑制努力が必要と訴えた。
 カプラン総裁は米FOXビジネスに対し、「(景気が)どれだけ早く持ち直すかは、感染再拡大が今後の成長の足を引っ張るかどうかだ」と警戒感をにじませ、全米でのマスク着用の徹底を強調。「これからの優先的な経済政策はマスク着用と公衆衛生エチケットの順守だ」と指摘した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画