2020-07-10 12:30社会

平和記念式典、93カ国参列予定=広島市

 広島市は10日、8月6日の原爆の日に開催する平和記念式典の概要を発表した。8日時点での参列予定は93カ国と欧州連合(EU)代表部で、2015年に次いで過去2番目に多い。新型コロナウイルスの影響による入国制限措置を踏まえ、駐日大使宛てに案内を送った。
 核保有国では米国、イスラエル、インド、英国、フランスが出席予定。中国、パキスタンは欠席で、ロシアからはまだ回答がない。北朝鮮は駐日大使館がなく、案内を送っていない。
 式典では、合唱団と吹奏楽の演奏を取りやめ、高校生による被爆ピアノの演奏と歌唱に変更する。会場内にディスプレーを設置し、グテレス国連事務総長のビデオメッセージを流す。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画