2020-07-10 08:40国際

米最高裁、トランプ氏の財務記録に開示命令=大統領の免責特権認めず

 【ワシントン時事】トランプ米大統領の納税申告書を含む財務記録開示の可否が争われた裁判で、連邦最高裁は9日、開示を拒否するトランプ氏の主張を退け、ニューヨークの連邦検事への開示を命じた。一方、野党民主党主導の下院委員会による開示要求に関しては、委員会側の主張を認めた下級審の決定を破棄し、審理を差し戻した。
 トランプ氏は「大統領の免責特権」を掲げ財務記録開示を拒んできたが、最高裁は刑事事件捜査に関しては特権が及ばないと判断した。ただ、議会への開示の結論が先送りされたことで、11月の大統領選前に一般に公表される可能性は低くなった。
 連邦検事は、トランプ氏の元不倫相手に対する「口止め料」支払い疑惑を捜査。ロバーツ最高裁長官は「たとえ大統領であっても、犯罪捜査の過程で求められれば証拠を提出するという一般的義務を免れない」と強調した。判事9人のうち保守派3人を含む7人が、開示を拒否できないとする意見を出した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画