2020-07-09 09:42社会

藤井七段、初タイトル成るか=将棋・棋聖戦5番勝負第3局

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王、王将と合わせ三冠=に挑戦する第91期棋聖戦5番勝負の第3局が9日、東京都内で始まった。
 藤井七段はこれまでに披露した黒や薄灰色のものとは違う緑色の羽織姿で登場。開始の合図とともに、先手の藤井七段がマスクを外してお茶を一口飲んでから2六歩と突くと、渡辺三冠は8四歩と応じた。勝負は同日夜に決着する見込み。
 5番勝負は先に3勝した方が勝ちで、藤井七段が勝てば、3連勝で棋聖位を奪取。自身初のタイトル獲得で、屋敷伸之九段(48)が持つタイトル獲得最年少記録(18歳6カ月)を塗り替える17歳11カ月での達成となる。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画