2020-07-08 15:52国際

ドイツ、空の便で混乱も=入国や乗り継ぎ拒否

 【ベルリン時事】欧州連合(EU)が1日以降の日本からの入域禁止の解除を加盟国に勧告したことをめぐり、日本からドイツへの空の便で混乱が生じている。勧告に従うかは各国の判断で、イタリアやフランスなどが受け入れを開始した一方、欧州各国への乗り継ぎ客も多いドイツは制限を続けているためだ。フランクフルト空港では、日本からの便到着後に一部乗客が入国や乗り継ぎを拒否され、帰国する事態も発生した。
 フランクフルト空港では、日本航空(JAL)の1日着の便、全日本空輸(ANA)の2日着の便で、複数の乗客が入国や乗り継ぎを拒否され帰国した。ドイツは長期滞在者などを除き日本からは入国できないが、乗り継ぎは最終目的地の国が受け入れていれば可能。しかし、ドイツへの入国拒否に加え、乗り継ぎで渡航可能な目的地に向かっていた人についても、現場での周知が徹底されず搭乗が拒否された例もあった。
 その後は同様の事態は起きていないが、ANAは乗客に「事前に現地の情報をよく確認してほしい」と呼び掛けている。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画