2020-07-08 10:13国際

シリア支援、決議案否決=中ロが拒否権―国連安保理

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は内戦下にあるシリアへの隣国からの越境人道支援を1年間延長する決議案を採決し、15理事国中13理事国が賛成したが、中ロ両国による拒否権行使で否決された。安保理議長国ドイツが7日、採決の結果を発表した。安保理は週内の期限まで引き続き調整する。
 2011年の「アラブの春」をきっかけに始まったシリア内戦をめぐり、アサド政権を支えるロシアによる拒否権行使は15回目。クラフト米国連大使は声明で越境支援を「280万人超の生命線」と訴え、中ロの拒否権行使を批判した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画