2020-07-07 23:01国際

金正恩氏に初の賠償命令=韓国軍捕虜を強制労働―韓国地裁

 【ソウル時事】朝鮮戦争(1950~53年)で北朝鮮の捕虜となった韓国軍兵士2人が強制労働に従事させられたとして、金正恩朝鮮労働党委員長を相手取った損害賠償請求訴訟で、ソウル中央地裁は7日、原告側の主張を認め、正恩氏に計4200万ウォン(約370万円)の賠償を命じる判決を下した。
 韓国の裁判所が正恩氏に賠償を命じる判決を下すのは初めて。原告側は「金正恩を被告として民事責任を問うことができる道を開く判決だ」と評価した。ただ、北朝鮮は訴訟に一切関与しておらず、韓国側の一方的な判決に反発し、南北関係が一層悪化する可能性がある。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画