2020-07-07 07:31国際

黒人レーサーの告発は「作り話」=トランプ氏が一方的非難―米

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は6日、自動車レース、NASCAR(ナスカー)の黒人ドライバーのガレージから黒人虐待の象徴とされる首つり縄が見つかった問題について、黒人選手の「作り話」だったと一方的に非難した。人種対立をあおる発言として反発を呼んでいる。
 この問題はナスカー唯一の黒人ドライバーのウォレス選手が6月下旬に告発。連邦捜査局(FBI)が憎悪犯罪かどうか捜査に当たったが、「事件性はない」と結論付けた。トランプ氏はツイッターに「すべてを犠牲にしてウォレス氏の側に立ち、作り話だったことを知るはめになったドライバーや関係者に謝罪したのか」と書き込んだ。
 トランプ氏はウォレス選手の行動を支持したナスカー側にも矛先を向け、「史上最低の視聴率を招いた」などと批判した。ウォレス選手は6日、声明を発表し、「あなたの言動には他人よりも高い水準が求められる。自らに向けられる憎悪には愛で対処してほしい」と反論した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画