2020-06-30 22:09国際

英国、香港住民受け入れで制度改正へ=対中関係悪化一段と

 【ロンドン時事】香港の旧宗主国である英国は、中国での香港国家安全維持法制定を受け、香港に住む300万人近い「英海外市民」について、移住・市民権付与に道を開くための制度改正に着手する方針だ。中国は猛反発しており、冷え込んでいる両国関係が一段と悪化する恐れがある。
 ラーブ外相は30日、同法成立を受けた声明で「深刻な一歩であり、極めて問題だ」と述べた。外相は6月上旬の議会で同法について、高度な自治を保障した英中共同宣言を含む国際義務に対する明らかな違反で、「『一国二制度』を覆すものだ」と非難。中国が方針転換しなければ、「香港の人々のため」に入国管理制度を変更すると明言していた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画