2020-06-25 08:00地域

駅ビルに巨大オブジェ設置の屋上広場 横浜市

 JR横浜駅西口と直結し、大型商業施設や映画館が入る大型ビル「JR横浜タワー」が24日、本格的にオープンした。12階には屋上広場「うみそらデッキ」を開設。晴れていれば横浜港やベイブリッジが一望できる。「YOKOHAMA」の文字の巨大オブジェも設置され、新たな観光スポットとして人気を集めそうだ。
 うみそらデッキには、桜や紅葉などを植え、ベンチやテーブル、カウンターを配置。幅広い世代の憩いの場として利用が見込まれている。ただ、「3密」による新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当分の間、開放を見合わせる。
 JR横浜タワーは、地上26階、地下3階で、延べ床面積約9万8000平方メートル。12~26階はオフィスとして利用され、12、13階には会員制ワークスペース「ステーション・スイッチ」を用意した。2階には横浜市の「観光案内所」も設置。地下の商業施設は既に先行開業している。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画