2020-06-02 12:45国際

全米デモ、収束の兆し見えず=黒人男性死亡から1週間

 【ワシントン時事】米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警官に拘束された際に死亡してから1日で1週間が経過したが、抗議デモは全米約140都市に飛び火し、暴徒化した一部のデモ参加者による略奪や放火も相次いでいる。人種差別や人種間格差など米社会に横たわる「闇」を改めて浮き彫りにした騒乱に収束の兆しは見えていない。
 CNNテレビが当局者の話として報じたところによると、首都ワシントン(コロンビア特別区)に現役の軍警察部隊が配備される見通し。200~250人規模の部隊は暴徒らの逮捕などは行わず、治安維持任務に就く。23州と首都で州兵が動員されているが、現役の軍部隊が展開するのは初めてとみられる。
 連日暴動が発生するニューヨーク市のデブラシオ市長は1日、同日深夜から2日朝まで外出を禁止すると発表。市長はツイッターで「平和なデモを守り、支持する」と強調した。1日夜も略奪が発生したため、この後、外出禁止を2日夜も開始時間を早めて実施すると発表した。外出禁止令はこのほか、首都ワシントンを含む40都市以上で発令された。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画