2020-06-02 07:18国際

産油国、大幅減産の延長検討=OPECプラス、7月以降も

 【ロンドン時事】石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」が、6月末を期限とする日量970万バレルの減産を7月以降も延長する方向で検討していることが1日、明らかになった。延長期間は1~2カ月で調整しているという。ロイター通信が報じた。
 OPECプラスは6月9~10日の日程でテレビ会議を開く。開催日は今週に前倒しする可能性も取り沙汰されている。
 原油価格の代表的な指標となる米国産WTI先物は4月20日に史上初のマイナス価格を付けたが、その後は回復基調にある。しかし、年初を40%超下回る水準にとどまっている。
 マイナス価格は新型コロナウイルスによる需要急減と供給過剰で「石油余り」となり、石油の貯蔵能力が一部で限界に達したことがきっかけだった。産油国は減産を緩めれば、再び原油価格が下落すると警戒しているもようだ。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画