2020-06-02 07:01経済

新型コロナ、低金利招く=IMF、「金融政策の懸案に」

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気悪化で資金需要が落ち込むため、世界が長期の低金利環境に直面するとの分析結果を明らかにした。各国で利下げによる景気浮揚が困難となる可能性があり、「今後20年かそれ以上にわたり、金融政策の懸案になる」との見方を示した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画