2020-06-01 06:17国際

「傍観やめ、変革を」=米企業が続々メッセージ―黒人拘束死

 【ニューヨーク時事】「沈黙は差別への加担」「共に前に進もう」。米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警官による拘束時に死亡した事件をめぐり、米企業などは31日までに、黒人差別に反対するメッセージを相次いで公表した。
 スポーツ用品大手ナイキは、黒い背景に白い文字が浮かぶ動画をツイッターに投稿。「傍観と沈黙をやめ、変革に加わろう」などと呼び掛けた。同業のリーボックもツイッター上で、黒地に白い文字で「黒人社会がなければ、わが社や米国は存在しないだろう」と記した。
 動画投稿サイトのユーチューブは「人種差別と暴力に反対するため、われわれは団結して立ち上がる」と強調。動画配信大手ネットフリックスも「沈黙は(差別への)加担と同じだ」と訴えた。
 アイスクリームメーカーのベン&ジェリーズは、有色人種への差別が個人の意思を超えた「構造的なもの」だと指摘。「人々が隣人の苦悩に耳を傾けようとするとき、変化が起きる」として、差別問題に目を向けるよう呼び掛けた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画