2020-05-15 17:15社会

院内感染で労災申請=看護師入院、母も陽性―東京

 新型コロナウイルスの院内感染が起きた病院で働く女性看護師が同ウイルスに感染したにもかかわらず、病院側が労災手続きを行わないとして、代理人弁護士が15日、新宿労働基準監督署(東京都新宿区)に労災申請した。看護師と同居する80代の母親も感染し、2人とも入院している。
 代理人の川人博弁護士によると、病院は都内にあり、2月下旬以降に医師や患者らの間で感染が広がった。計約100人が感染したという。
 看護師は4月19日の夜勤明けに発熱などの症状が出て、病院に報告すると自宅待機を指示された。28日に受けたPCR検査で感染が判明し、今月9日から入院している。病院側からは現時点で、労災申請に関する説明はないという。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画