2020-04-13 08:00地域

「エール」お一人様ビューイング 愛知県豊橋市

 愛知県豊橋市のこども未来館「ここにこ」で、市のマスコットキャラ・トヨッキーが、NHK連続テレビ小説「エール」の初回放送を一人で視聴した。当初は市民も交えたパブリックビューイング(PV)が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。
 エールの主人公のモデルとなったのは、福島市出身の作曲家・古関裕而さんと、その妻で豊橋市出身の金子(きんこ)さん。ドラマでは、豊橋市内の各所が撮影場所に使われている。
 放送が始まるとトヨッキーは、音楽に合わせて身体を揺らすなど、楽しそうに放送に見入っていた。市シティプロモーション課の斎藤敏課長は、「同じPVでも、プライベートビューイングになってしまった。市内のスポットがあちこちに出てくるので、ドラマを楽しみながら探してみてほしい」と話した。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画