2020-04-01 10:28社会

樹齢1000年、醍醐桜=岡山県真庭市〔地域〕

 推定樹齢1000年といわれる岡山県真庭市の「醍醐桜(だいござくら)」が満開を迎えた。新型コロナウイルスの影響で例年より人出は少ないものの、訪れた人たちは薄いピンク色に染まった巨樹を見上げたり、写真を撮ったりして楽しんでいた。
 醍醐桜はヒガンザクラの一種アズマヒガンで、高さ18メートル、根元の周りは9メートル。鎌倉時代末期、隠岐へ流される途中で立ち寄った後醍醐天皇が美しさをたたえたとの言い伝えから名付けられた。
 真庭市落合振興局によると、今年は記録が残る1998年以降で最も早い3月25日に開花した。同31日に満開となり、4月5日ごろまで見頃が続くという。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画