2020-03-31 22:20社会

都内感染500人超す=新たに78人、死者7人―新型コロナ

 東京都は31日、新型コロナウイルスの感染者が、新たに1日当たり最多の78人確認されたと発表した。調査中を含め感染経路が判明していないケースが、6割以上の49人に上る。都内では41人が報告された25日以降、増加傾向が続き、累計で521人となった。
 都によると、78人のうち院内感染の疑いがある永寿総合病院(台東区)の関係者は10人で、同病院に関係する感染者は計106人となった。また、同病院の入院患者5人を含む50~70代の男女計7人の死亡が確認された。1日で判明する死者数で最多となり、全てが都内だった。
 一方、愛媛県では5人の感染が確認された。うち4人は松山市内で営まれた通夜、葬儀に参列しており、県は「集団感染が発生した」としている。高知県では40代の男性警察官の感染が判明し、県警は男性が勤務していた宿毛署などの立ち入りを制限した。
 京都府と兵庫県で、新たに京都産業大の学生計5人の感染が分かり、感染した学生は計23人となった。学生と共に京都府井手町の交流会に参加した住民団体の5人も陽性となった。
 山形県で初となる感染者も判明。神奈川県在住の20代女性で、米沢市内の自動車教習所で免許合宿中だった。大阪府28人、福岡県17人などを含め、31日は28都府県で計241人の感染が明らかになった。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画