2020-03-30 17:48政治

沖縄県、第三者機関に審査申し出=辺野古のサンゴ採取めぐり

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事に伴うサンゴの移植をめぐる国の対応を不服として沖縄県は30日、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。農林水産省がサンゴの採取を許可するよう指示したのが、違法な国の関与だと主張している。
 サンゴは辺野古の埋め立て予定海域に生息しており、防衛省沖縄防衛局が別の場所に移植するため、県に特別許可を申請。しかし、一定期間を過ぎても県が判断を出さないことから、農水省が許可を出すよう県に指示していた。
 県は審査申出書で、沖縄防衛局が十分な説明を行っておらず、現時点では可否を判断できないため、審査を継続していると訴えている。玉城デニー知事は同日、県庁で記者団に「県の対応は正当で、農水省から許可処分の是正指示を受けるいわれはない」と強調した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画