2020-02-27 08:28World eye

ヒツジの顔殴った羊毛農家に罰金8万円、英スコットランド

【エディンバラAFP=時事】英スコットランドの羊毛農家の男がヒツジ2匹の顔を殴り、その場面を動画撮影された事件で、裁判所は、動物を虐待したとして罰金550ポンド(約8万円)の支払いを命じた。動物愛護団体が25日、明らかにした。≪写真は資料写真≫
 ウィリアム・ブラウン被告(59)は2018年、スコットランドのエディンバラ南方ペニクイックにある自分の農場で、雄のヒツジ2匹に不要な苦痛を与えたことを認めた。2006年に施行されたスコットランドの「動物の健康および福祉法」に従い、罰金550ポンドが科された。
 ブラウン被告がヒツジを殴る場面を撮影したのは、動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」が派遣した動物福祉に関する覆面調査員。
 PETAは2018年にもイングランドでヒツジに対する同様の仕打ちを記録している。PETAは、スコットランドの羊毛農家がヒツジに対する「目に余る残虐行為」によって有罪とされたのは初めてとした上で、この事件は「大きな節目だが、氷山の一角にすぎない」と述べた。
 さらに「スコットランドの羊毛業界では、ヒツジを殴る蹴る踏みつけるは日常茶飯事だが、動物を虐待したとして起訴されたのはこれまででたった1人だ」と非難した。
 一方、英国綿羊協会の広報は、ヒツジ虐待がまん延していることは全くないと否定している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画