2020-02-26 08:00地域

冷凍マグロ水揚げを公開 福島県いわき市

 福島県いわき市の小名浜港で、このほど冷凍マグロの水揚げが一般公開された。日本から約1万1000キロ離れた太平洋で漁獲されたメバチマグロやクロカワカジキが続々とクレーンでつり上げられ、市内から訪れた多くの人がカメラを構えた。
 いわき市の漁業会社「漁福」が、東京電力福島第1原発事故の影響で試験操業を余儀なくされている県内漁業の復興を後押ししようと、水揚げの公開を企画した。2019年3月に新造された漁船「第35漁福丸」が、同4月に宮城県の気仙沼港を出発。静岡県の清水港を経由し、10カ月の航海の末に冷凍マグロ約25トンを小名浜港に水揚げした。
 マグロは市内のスーパーで販売し、カジキは学校給食として提供するという。吉田雄二社長は「地元の消費者にも好評で、特に赤身がおいしい。風評被害の払拭(ふっしょく)の一端になればという思いだ」と力を込めた。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画