2020-02-25 22:39国際

ムバラク元大統領死去=独裁30年、「アラブの春」で失脚―エジプト

 【カイロ時事】エジプトで30年にわたる独裁政権を敷き、中東の民主化運動「アラブの春」の政変で2011年に退陣に追い込まれたムバラク元大統領が25日、首都カイロの軍病院で死去した。91歳だった。国営メディアなどが伝えた。長年敵対してきたイスラエルとの関係で微妙なかじ取りに努め、親米アラブ諸国を主導する外交力を発揮した。一方で、非民主的な政治手法や人権侵害、汚職体質で国内外から批判を浴びた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画