2020-02-25 14:58国際

北朝鮮労働者2000人訪中か=国連報告書

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議で受け入れが禁止されている北朝鮮労働者2000人が訪問ビザで中国入りした疑いがあることが、決議の履行状況を調べる専門家パネルの年次報告書で分かった。パネルは医療やスポーツなど就労ビザ以外での入国事例を報告。決議が本国送還を求める対象は「収入を稼ぐ北朝鮮人」と明記し、入国防止に向け、あらゆるビザに警戒するよう加盟国に促した。
 安保理は2017年に決議で北朝鮮労働者の受け入れを禁止し、昨年12月までに全員を本国に送還するよう求めた。報告書は、加盟国情報として、出稼ぎ目的の北朝鮮人2000人が最近、中国に訪問ビザで入国したと指摘。中国はパネルに「確認できない」とした上で、「証拠が提供されれば、法に基づき対処する」と回答した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画