2020-02-24 19:00国際

独市議選、メルケル与党が敗北=過去最低の得票率

 【ベルリン時事】ドイツ北部ハンブルク市(州と同格)の市議会選が23日に行われた。メルケル首相が所属する国政与党、キリスト教民主同盟(CDU)の得票率は過去最低となり、敗北。躍進した緑の党に、市議会第2党の座を明け渡した。
 CDUは昨年から各州議会選で敗北が続き、クランプカレンバウアー党首が10日に辞意を表明。新党首選出を急いでいる。来年の任期満了での政界引退を表明しているメルケル首相の影響力低下も止まらず、今回の敗北で混迷は一段と深まりそうだ。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画