2020-02-24 22:23国際

マハティール首相が辞職=アンワル氏禅譲めぐり与党分裂―マレーシア

 【クアラルンプール時事】マレーシア政府は24日、マハティール首相(94)が国王に辞表を提出したと発表した。国王は辞表を受理し、マハティール氏を新首相が決まるまでの暫定首相に任命した。後継指名しているアンワル元副首相(72)への政権禅譲をめぐって与党連合の分裂を招いた責任を取ったとみられる。マハティール氏は与党マレーシア統一プリブミ党(PPBM)の総裁も辞任する意向だ。
 マレーシアの与党連合内では、マハティール氏に2023年5月の次期総選挙までの首相任期全うを望む派閥と、早期の禅譲を望むアンワル支持派閥が激しく対立していた。
 23日には、与党連合のうち、マハティール氏の首相続投を支持するPPBMの所属議員と人民正義党(PKR)の一部議員が、主要野党と連携して新たな政権枠組みをつくるとの観測が広まった。PPBMの全議員とPKRの議員11人は24日、与党連合からの離脱を発表した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画