2020-02-23 18:03国際

新型肺炎、中国依存を露呈=原材料の自国調達重要―仏財務相

 【リヤド時事】フランスのルメール経済・財務相は22日、中国で発生した新型コロナウイルス感染による肺炎に関し、原材料を依存する中国から供給が途絶える「サプライチェーン(部品供給網)の問題」を浮き彫りにしたと述べた。自国での調達確保などが重要だと訴えたが、保護主義と紙一重だ。
 ルメール氏は、サウジアラビアの首都リヤドで同日始まった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の開幕前に記者会見。新型肺炎の影響で「今年の世界経済成長率は0.2ポイント、フランスは0.1ポイント押し下げられる」と予想した。
 一方、自動車用のバッテリーは「90~95%を中国、アジアからの供給に依存している」と指摘。製薬関連の原料も中国から大半を輸入しているとした上で、「今回の事態を受けて長期的な課題が示された」と語り、自国産業向けの重要な原材料は国内での調達が必要と強調した。
 ただ、調達先を自国内に切り替えることは、外国製品を排除する保護主義と隣り合わせだ。ルメール氏は「保護主義を擁護する考えはない」と説明。原材料の過度な外国依存を減らすため、「(自国内に)工場を設け、より独立し、主権を維持することは保護主義ではない」と釈明した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画