2020-02-22 14:09国際

米大統領選、再びロシア介入か=トランプ氏の再選後押し―民主ではサンダース氏応援

 【ワシントン時事】ロシアが11月の米大統領選で、トランプ大統領の再選を後押ししているとする米情報当局の分析が明らかになり、波紋を広げている。民主党の候補指名レースで、ロシアがサンダース上院議員に肩入れしているとも報じられた。2016年大統領選をめぐる「ロシア疑惑」に続く介入に、関係者から懸念や反発が上がっている。
 米各メディアによると、米情報当局は13日、下院情報特別委員会メンバーとの非公開会合で、ロシアが再び米大統領選に介入していると警告。選挙結果への信頼を損なうとともに、トランプ氏の再選を手助けするのが介入の狙いだと説明した。
 かねて「ロシアのおかげで当選したわけではない」と主張してきたトランプ氏は、これに激怒。21日のツイッターで「また民主党によるデマだ」と反論した。同氏は19日、政府の情報機関を統括するマグワイア国家情報長官代行を交代させると発表しており、選挙運動の足を引っ張りかねない分析を提示したことへの制裁ではないかという観測も流れている。
 ロイター通信によれば、ロシアのペスコフ大統領報道官は米当局の分析について、記者団に「被害妄想に取りつかれた発表だ。何の真実もない」と述べ、介入を全面的に否定した。
 一方、21日の米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、情報当局はサンダース氏に対し、ロシアが同氏の選挙運動を後押ししていると伝えた。民主党の指名争いで、サンダース氏は世論調査の支持率で首位を走る。
 サンダース氏は「民主社会主義者」を自称する急進リベラル派。政治信条でトランプ氏の対極に位置する候補に肩入れする理由について、同紙は「(選挙戦を通じ)米国に最大の分断を引き起こすのが、ロシア大統領府の狙い」とみる専門家の分析を伝えている。
 サンダース氏は報道を受けた声明で「ロシアはわれわれを分断して米国の民主主義を傷つけようとしているが、私は(トランプ)現大統領と違い、断固として闘う」と主張。「プーチン(ロシア大統領)が米大統領として誰を望んでいようが、気にしない」とした上で、ロシアに選挙介入をやめるよう求めた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画