2020-02-22 17:13国際

民主指名、23日に第3戦=サンダース氏優勢か―米大統領選

 【ラスベガス(米ネバダ州)時事】米大統領選の民主党候補指名争い第3戦の西部ネバダ州党員集会が22日(日本時間23日)、行われる。米メディアでは、第2戦を制し勢いに乗る急進左派、サンダース上院議員(78)が優勢との見方が出ている。
 ネバダ州を対象にした世論調査の平均値によると、21日時点の支持率トップは、サンダース氏が2位以下を大きく引き離す30.0%。過去2戦で惨敗を喫したバイデン前副大統領(77)が16.7%で続く。以下、ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)が14.0%、ウォーレン上院議員(70)が13.7%となっている。
 人口の約9割を白人が占めた過去2戦と異なり、ネバダは中南米系が約3割に上るなど人種的少数派が多いという特色がある。現時点で獲得代議員でトップに立つ最若手ブティジェッジ氏は「非白人への浸透の遅れ」が各紙で指摘されている。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画