2020-02-22 14:25国際

イラン国会選、開票続く=強硬派優勢か、投票率焦点

 【テヘラン時事】21日行われたイラン国会選挙(一院制、定数290)は投票が締め切られ、22日は開票作業が続いた。国際社会との融和を掲げたロウハニ大統領を支える保守穏健派や改革派の多くが出馬失格となる中、精鋭部隊「革命防衛隊」のソレイマニ司令官殺害で高まった反米機運に乗じて、最高指導者ハメネイ師の意をくむ保守強硬派が躍進するとの見方が強い。
 投票は当初、21日午後6時(日本時間同11時半)締め切りの予定だったが、選管当局は数度にわたり時間を延長した。大量失格への反発などから、「結果が事前に分かっていて投票する気になれない」(テヘラン在住の女性)と多数の棄権が予想されており、穏健・改革派が議席を伸ばした4年前の前回国会選挙の投票率62%を下回るのは確実。50%を割り込み過去最低となる可能性もあるため、投票率引き上げに躍起とみられる。
 ハメネイ師は21日、「国益に関心があるならば投票すべきだ」と国民に訴えた。投票率が低ければ、支持基盤が強固で動員力に勝る保守強硬派が有利とされるが、体制指導部の正統性や威信が揺らぐ事態にもなりかねない。イランでは新型コロナウイルスの感染も拡大しており、国民の間で初動対応への批判が高まることも警戒しているもようだ。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画