2020-02-21 08:14World eye

鮮やかによみがえる古代都市、ポンペイの修復作業終了

【ポンペイAFP=時事】2014年から行われていたイタリアの古代ローマ都市ポンペイの大規模修復作業が18日、終了した。今回の修復作業では鮮やかなフレスコ画なども新たに発見されている。≪写真はイタリアのポンペイで、修復作業が終わり公開された「果樹園の家」の壁。Press office of the Archaeological Site of Pompeii提供≫
 修復作業は管理不足や悪天候の影響が原因で一連の倒壊が発生したことを受け、2013年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界遺産登録を取り消す可能性があると警告したことがきっかけとなり実施されたもの。作業には考古学者、建築家、技術者、地質学者、人類学者が参加。費用は1億1300万ドル(約125億円)に上ったが、大部分は欧州連合(EU)が支援した。
 ポンペイは西暦79年、ベズビオ火山の大噴火により消滅した。この時、大量の火山灰に覆われたことにより、犠牲者の遺体だけではなく、建物の多くがほぼ元の状態で保存されている。
 作業では壁を補強し、崩壊した建物を修繕し、これまで手付かずだった地域での発掘も実施された。この結果、いくつかの新しい発見があった。
 昨年10月には、剣闘士(グラディエーター)を描いた鮮やかなフレスコ画が発掘された。フレスコ画には、よろいを身に着けて立つ勝者と、傷口から血を流しながらよろめく敗者が描かれている。発掘された場所は剣闘士や売春婦が集う酒場だったと考えられる。
 また2018年に発見された家屋跡に書き残された文字から、ポンペイがベズビオ火山の噴火で壊滅的な被害を受けたのは、これまで考えられていた西暦79年8月24日ではなく、同年10月17日以降だったことも分かった。
 修復作業中は、当時の上流階級の住居「ドムス」など一部公開が中止されていたが、現在は再開されている。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画