2020-02-19 20:34スポーツ

女子ゴルフ開幕戦、無観客で実施=新型肺炎の影響で

 国内女子ゴルフツアー開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディース(3月5~8日、沖縄・琉球GC)が新型コロナウイルス感染拡大を受け、4日間とも無観客で競技を実施することになった。日本女子プロゴルフ協会などが19日に発表した。
 新型肺炎の影響について慎重に検討を重ねてきた大会事務局は「東京五輪を控えたシーズンでもあり、ギャラリー、選手、ボランティアの安全確保の観点から、無観客で大会を開催することとした」と説明。テレビ放映は予定通り行われるが、大会前の前夜祭とプロアマ大会は実施を見送る。
 開幕戦は、昨年の全英女子オープン覇者の渋野日向子の今季初戦となる予定。渋野は2~3月に米ツアーのホンダLPGA(タイ)とHSBC女子世界選手権(シンガポール)への出場を予定していたが、ともに新型肺炎の影響で大会が中止となった。アジアでの米ツアー中止は計3試合に上っている。
 国内女子ツアーでは昨年10月のスタンレー・レディース(静岡・東名CC)が台風19号の接近に伴い、安全確保のため大会最終日(9ホールで実施)を無観客で行った例がある。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画