2020-02-18 19:37経済

JAL、韓国・台湾線も減便=中国以外で初、新型肺炎で

 日本航空(JAL)は18日、新型肺炎拡大に伴う需要減を理由に、韓国と台湾の旅客便を減便すると発表した。国土交通省によると、新型肺炎の影響で日本の航空会社が中国路線以外の減便に踏み切るのは初めて。
 日本人の海外渡航者が減っている上、新型肺炎が日本でも広がっている状況を受け、韓国や台湾からの訪日需要が大幅に縮小しているという。
 韓国線は、羽田―ソウルを週21便から14便に減らし、機材を小型化。成田―釜山は7便に半減させ、台湾も関西―桃園を7便から4便に減らす。いずれも3月上旬から実施する。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画