2020-02-03 08:00地域

「チバニアン」と同時期の石を展示 新潟県糸魚川市

 新潟県糸魚川市の石の博物館「フォッサマグナミュージアム」は、千葉県市原市の地層が国際標準模式地に認定され、約77万4000年前から約12万9000年前の地質時代が「チバニアン(千葉時代)」と命名されたことを記念し、糸魚川市内で採取されたこの時代の安山岩の展示を始めた。
 博物館によると、安山岩は市内にある標高577メートルの高峰(たかのみね)で学芸員が採取。分析の結果、約60万年ぐらい前の石で、チバニアンに該当する時期のものと分かった。
 展示は、博物館の無料スペースで3月末まで。担当者は「チバニアンは地層がある千葉県だけでなく、全国どこにでもある。高峰はハイキングコースとして簡単に登れ、糸魚川でもチバニアンを体験できる」と話している。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画