2020-01-30 01:04社会

女性バスガイドの感染確認=運転手と同乗、国内8人目―新型肺炎

 厚生労働省などは29日夜、大阪市在住で外国籍の40代女性が、新たに新型コロナウイルスによる肺炎と確認されたと発表した。女性は28日に感染が確認された奈良県の運転手男性と同じバスで、ガイドとして勤務していた。女性は入院しているが、症状は改善したという。日本国内での感染確認は8人目。
 女性は過去1カ月の間に中国を含む海外への渡航歴はなかったという。同省は武漢のツアー客だけではなく、運転手男性も感染源となった疑いもあるとみて、詳しく調べている。
 厚労省や大阪府によると、女性は20、21日両日、発熱を訴えて東京都内の医療機関を受診したが、その際は肺炎とは認められなかった。症状が改善されなかったため、23日に大阪市内の保健所へ連絡し、府内の医療機関を再受診。コンピューター断層撮影(CT)検査で肺炎と診断され入院した。その後運転手男性の感染が確認され、女性も検査していた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画