2020-01-29 23:52経済

かんぽ不適切販売、6万人追加調査へ=日本郵政

 かんぽ生命保険の不適切販売問題で、多数の契約を結ばされて高額な保険料を支払うなど不利益を受けた疑いのある顧客が新たに6万人いることが29日、分かった。日本郵政グループは、昨年8月から乗り換え契約時に保険料を二重徴収したケースなど18万3000件(顧客数15万6000人)を調査してきたが、今回の6万人についても追加で具体的に調べる。追加調査対象の契約は20万件前後に上る可能性がある。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画